障がい者グループホームを利用した場合のメリットとは|鹿児島の障がい者グループホームならご相談ください。

共同生活援助 障がい者グループホーム桜
  • 0120-549-505 受付時間 9時〜18時
  • 天文館 PDF
  • 上荒田 PDF
  • 上之園 PDF
  • faq
Q

障がい者グループホームを利用した場合のメリットとは

質問 障がい者の息子を持つ親ですが、いつまでも自分たちが生きていられるわけではないので、いろいろ考えて障がい者グループホームを利用したいと思っています。
息子も不安はあるけど自立することの必要性を強く感じているようなので、実行に移そうとお互い前向きに動き出したところです。
まだ障がい者グループホームをよく理解していないのですが、利用するメリットにはどのようなことがあるか知りたいです。利用した場合のデメリットもあれば、それも併せて教えて欲しいので、ご回答をよろしくお願いいたします。
  • yajirusi
A

金銭やお薬などの管理をしてもらえることもメリットです

障がい者を持つ方が家を出て自立するときには、これまで親などの家族任せにしていた家事ができるか不安に覚える方も多いと思います。
基本的に障がい者グループホームでは、食事の手教があり、洗濯や掃除などのその他の家事についても世話人さんにお世話してもらうことができますし、一緒に練習して最終的には自分でできるようにすることも可能です。
食事を提供してもえる場合は、栄養バランスのよいメニューを考えてもらえるので、健康もきちんと維持できることもメリットと言えます。
孤独感を抱えたり夜間に不安があったりする場合は、夜間支援の対応があるグループホームを利用すれば問題を解決できます。
お金やお薬の管理に不安がある場合は、自身に合った金銭管理などが行えるように支援してもらうこともできます。
障がい者グループホームは基本的に共同生活なので、他の利用者と地域生活の情報交換ができることもメリットで、友達や仲間をつくる機会も増えます。最終的には一人暮らしに向けて、他の利用者をよい手本にすることもできます。
障がい者の家族にとっては、障がい者の孤立感や将来に関する不安を軽減・解決できる点が大きなメリットと言えます。家族から離れて暮らすことで、これまであまり見えていなかった良い点や課題を発見できることもメリットです。
障がい者グループホームを利用するデメリットとしては、共同生活ということで、食事や入浴の時間などに制限がある点が挙げられます。他にもいろいろな制約があり、利用者との相性が悪いことも十分に考えられます。
実際に希望したホームに入所できても、環境が合わなくてすぐに元通りの生活に戻ってしまうケースも少なくありません。家賃や生活費の負担がかかることもデメリットとして挙げられます。

PageTop

Copyright(C) 共同生活援助 障がい者グループホーム桜 All Right Reserved.